1兆ドルコーチのテーマは「愛」なんだね

ちなみにブログリニューアルしました!ありがとうございます。今日は、読んで感銘を受けた、1兆ドルコーチの本の紹介です。内容を一言で言うと・・・

ビル・キャンベルという偉人の教えをハウツーとしてまとめた

になります。

さらに先に言ってしまうと、ポイント「愛」です。青臭く聞こえる言葉かもしれませんが、シリコンバレーを作り上げたといっても過言ではない男、ビル・キャンベルという人物を知っていただくと、テーマは「愛」ということがよくわかります

ビル・キャンベルという人物は生前本を出すことを断り続け、そのハウツーが世の中の人に浸透することはありませんでした。

しかし、それじゃいかん!と思ったエリック・シュミットたちGoogleの三人が立ち上がり、今回『一兆ドルコーチ』の出版に至ったそうです。

Appleのスティーブ・ジョブズ、Amazonのジェフ・ベゾス、Googleのラリー・ペイジなどなど、“GAFA”と呼ばれる大企業の創業者たちはこぞって、ビル・キャンベルをコーチとして仰ぎました。

その結果あまりにも多くの人を支え導いたビルの功績は一兆を超えるんじゃね?ていう意味で「一兆ドルコーチ」という題名が付けられたのです。

「人を大切にするには、人に関心を持たなくてはならない」

ビルの名言として本書で取り上げられているこの一文から分かるように、ビル・キャンベルは人一倍人への関心が強い人だったのだと思います。

誰よりも人に関心を持っていて、誰よりも人の本質を見抜く目を持っていて、誰よりも人のために行動した。

ビルいわく

「どんな会社の成功を支えるのも、人だ。マネージャーのいちばん大切な仕事は、部下が仕事で実力を発揮し、成長し、発展できるように手を貸すことだ。」

ビルはすべての人をまるごとの人間として理解し、そうすることによって、彼らにビジネスパーソンとしての力を発揮させました。彼は人間的価値を高めることが、ビジネスの成果をもたらすことを知っていたんですね。

仕事に愛を持ち込み、チーム・イズ・ファーストの気持ちを全員が持って、楽しい雰囲気で課題に取り組むこと。

実感として受け入れにくいこの姿こそが、チームの力を何倍にも高め、社会全体の利益を何十倍にもする、「成功の方程式」なのです。

今の価値観や常識から脱してどこまでビルの考えを実践できるか、それが鍵ですね。

これから間違いなくビル・キャンベルの原理を踏襲するものが活躍する時代がやってきます。

事実、シリコンバレーの大物たちは常に「ビルならこんなときどうするだろう?」と考えながら決断をしているそうです。

コーチングスキル4つの論点

1兆ドルを生み出したコーチングスキルの正体は、次の4つの論点を解くことにあります。

第一の論点は、マネジメントスキルを、どうやって細部に至るまで正しく実践するか?

第二の論点は、一緒に働く人たちとどうやって信頼関係を構築するか?

第三の論点は、どうやってチームを構築していくのか?

第四の論点は、どうやって職場に愛を持ち込むか?

1つ1つの書いてあることは、「まあ、それは確かに大事だよね」と思うことばかりでした。 裏を返すと、たとえシリコンバレーの成功企業だとしても、成功に必要な行動一つ一つは、別に目から鱗が落ちるような目新しいことにあらず。むしろ、「ごく、当たり前の積み重ねなんだ」ということに気付くことができました。

当たり前がなぜ大事か?

を、豊富な具体例と共に解説している点は、非常に価値が高い本だと感じました。

コーチングする立場の人にとって、当たり前の原理原則が書かれた「バイブル」といえるでしょう。

・才能にあふれた人がいるならば、マネージャーやコーチは不要で、好きに仕事をさせたほうがよいのではないか?

・他人を出し抜く人のほうが、他人を助ける人よりも高い成果を挙げるのか?

・ビジネスでは冷静さこそが重要で、感情を出すべきではないのではないか?

上の問いに対する答えはすべて「ノー」で、それを体現していたのがビル・キャンベルであったのかもしれない。

シリコンバレーのような環境には、才能のある人材たくさんあつまったとしても、「チーム」として活動していないと大きな成果は挙げられない。

彼は名だたる経営者に対して「チームを機能させる」を伝えるコーチでもあったと言います。

「より高みに登るほど、どれだけ他人を成功させられるかが、あなたの成功を決める」

これがコーチングの真髄だと私も考えてます。

「人間的価値がビジネスの成果に繋がる」

この言葉こそ、本書が残した最大の名言です。

いいねと思ったらこの記事をシェア!