キックオフセミナー

一部、募集を進めておりました、コンサルティング養成パートナープロジェクトの第二期の申込みが本日終了しました。今年は、少数精鋭で去年に比べて高額ではありますが、一人一人に関わる時間を徹底的に投資していきたいと思います。

ご参加申込みありがとうございました。

今期もいろんなことに挑戦していますが、下半期(10月)からは、スタートしたことをコツコツと続けることに尽力したいと思います。

今回の募集に関しても年内のプロジェクト開始を予定してますが、プロジェクト終了は、期末になりそうですね。

より個人的に密着した関係を構築して、嫌でもコンサルタント開業していただこうと企んでいるわけです。

前回もそうでしたが、意外にも飲食店経営者の方からの参加が多いのです。皆さん、

自店の経営成功体験や自分の経営手腕を他人のために役立たせたい!

という思いが強いのでしょう。

ただし、一つだけ落とし穴があるとすれば、現場経営をしっかり任せる立場にならないと、なかなかコンサルティング活動に時間を割くことができない点ですね。

私がコンサルタントとして開業した時期は、3年間、睡眠時間が・・・みたいな時期がありました。最初は、特にすべての時間を、コンサルタントとして仕事をまず得ることに集中しなければなりません。

今回は、

飲食店の現場経営者が、どのようにすればコンサルタントとしても独立できるか?

現場の運営方法まで踏み込んでコンサルティングさせていただきたいと思っています。

参加いただく方のプロフィールを拝見していますが、本当にまた個性的な、そして強み溢れる経歴をお持ちの方ばかりです(強み溢れる=ネタ満載)。

本当に今から楽しみです。

ところで話は変わり、ひとりごとです。

さて、本日訪韓2日目にして、噂の11月11日ですね。ロッテはポッキーの日というのを広めていますが、日本よりも韓国の方が盛んなようです(バレンタイン並みに義理ポッキーが・・・)。

韓国では、ポッキーのことを「ペペロ」と呼びますので、「ペペロデー」ですね。ロッテは韓国企業ですが、日本で起業しました。日本から、韓国へ逆輸入ですね。日本ではお菓子メーカーですが、韓国では、お菓子だけでなくテーマパーク、ショッピングセンター、ホテルからなどなど、もう大財閥です。

このポッキーの日は、日本が先に始めたそうで、韓国が真似したそうです。日本に住んでいた通訳のイさんがそう言っているので間違いないでしょう。

でも日本人である私は、韓国で初めて、ポッキーの日に、ペペロを貰いましたとさ。

2014-11-11 14.32.24

ありがとうございます。

ただなんとなく、時代の流れに感化されてしまっているのか、負けず嫌いの心が国対国でおこってしまうのが、人間の性でしょうか?

どっちが先とか、どっちが後とか、別にどうでもいいと言えば良いのですが、でもお菓子のクオリティひとつとっても、やっぱり母国の方がいいなと、また負けず嫌いの性分が・・・。