秋空

今朝も東京はとても良い天気です。でも10月にもなって暑かったり寒かったりと、女心と秋の空とかいいますよね。なんて事を思ったので、今日は、男性スタッフと女性スタッフのコミュニケーション方法の違いについて考えていきたいと思います。

男性と女性の脳の構造の違いについて知っておく

もちろん、男性だからこう会話するとか、女性だからこのようにコミュニケーションを取るなど割り切れるものではありません。

女性の考え方に近い男性、男性の考え方に近い女性は確かに存在します。しかしながら、今回あなたにお伝えしたいのは、一般的な、男性と女性のマネジメントの方法、コミュニケーションの取り方が、若干異なること、そして、それぞれの対応の仕方についてです。

男性だからリーダーに向いている、女性だからサポートに向いているとかという役割の話ではありませんのであしからず。

自分と同じ考え方を他人もしているという思い込みから脱出しよう

例えば、

部長、少し相談があるのですが今の職場、私にあっていないのではないかと思うのです

女性スタッフのこの言葉に対して、男性であれば、 「異動を希望しているの?」 と、返答してしまいそうになります。

いやいや、男性オーナーが女性スタッフの相談を受けるときは、要注意です。男性は思わず、女性スタッフの相談に対して、どのように解決したらいいかをアドバイスしようとしてしまいます。

しかしながら、女性スタッフは、話を聞いてほしいだけ、黙って聞いてもらえるとスッキリするのです。これは、夫婦の関係でも同じことが言えますね。

右脳と左脳

まずは最初に前提として知ってほしい事があります。それは、男性と女性では脳の構造が違うということです。これはコミュニケーションを取る上で、考慮すべき大切なポイントとなりますので、簡単に説明させていただきます。

脳は右脳と左脳に分かれていると言う事については、よく知られている事だと思いますが、その右脳と左脳をつなぐ柱があります。

images

 

 

その部分を「脳梁」と読んでいます。

 

 

男性の脳と、女性の脳の違いは、この脳梁が太いか、細いかという部分だけになります。 この脳梁が太いのが女性、細いのが男性。

それぞれの脳の役割

右脳は、全体を捉える機能を持っています。左脳は、一文字一文字分析する力ですね。

その二つの脳をつなぐ脳梁が太い女性は、右と左を行き来して処理するスピードがとても速く、一度に、いくつものことを同時に考える能力を持っています。また非常に感性が強くなります。

または、この脳梁が細い男性は、右と左を行き来する信号が遅いので、ひとつずつ順序立てて論理的に考えることが得意になります。

人間は、左目で見た情報を右脳で処理し、右目で見た情報を左脳で処理する仕組みになっています。

さがしものが下手な男性と、地図を読めない女性

奥行きや立体感などは、その右脳と左脳のズレで認識しています。 ですので、男性は脳梁が細いので、処理スピードが若干ずれて、右目で見たものと、左目で見たものが、さらに微妙にズレやすくなります。その為、男性は、物事を立体に捉える能力に長けています。

女性は、脳梁が太いので、物事を平面に捉える力に長けています。この違いは、男性は遠方の物を見る能力に長け、女性は、近辺の物を見る能力に長けているというところに繋がります。

よく、男性は、近くの探し物が出来ないと言われていますが、これは脳の仕組み上仕方ない事なのです。

女性は、地図が読めないと言われていますが、頭の中で、地図を立体的に捉える事ができないのは当然ですね。

このように、男女の脳の仕組みの違いは、コミュニケーション方法にも違いを生みます。

顕著に表れる「結果論」VS「プロセス論」

店舗経営のマネジメント上、一番の違いは、結果思考とプロセス思考の違いについてです。

男性

結果思考とは、主に、男性の思考パターンで、成果を導き出すために、経てきたプロセスより、成果自身に価値を感じるのが男性です。

どれだけ仕事を頑張っても、最終的に成果が出なければ意味がないと考えています。あなたが経営者であれば、男性スタッフに対しては、結果を評価してあげることを心がけて下さい。

さらに、会話の中でも、常に、解決策、打開案を導き出すことに興味が集中しています。論理的に解決する方法を一緒に考えることが、男性スタッフに対する繁盛店主の役割ですね。

女性

片や、女性スタッフに対して。女性は、結果よりもプロセスを重んじています。女性同士で、取り留めも無い話を何時間も続けることができるのは、その為です。

その会話から生み出される成果よりも、その会話事態を楽しむことができるのです。 同じように、女性スタッフに対しては、結果ではなく、そのプロセスを評価してあげる必要があります。

  • 「日頃から、よく頑張っているね」
  • 「いつも細かいところに気がついてくれて助かる」

などなど、成果よりその間のプロセスを評価してあげてください。

さいごに

 

結果がすべての男性、プロセスを大事にする女性。店舗経営におけるマネジメント。

コミュニケーションの取り方も、について、この脳の違いを知っているだけで、店内のコミュニケーションは少し良くなると思いませんか?


2014/10/04

コンサルティング