今日は、繁盛店を作るために意外と疎かになりがちな【店外営業について】お話したいと思います。店舗の経営者はじめ店舗で働くスタッフは自分のフィールドである店内ではすばらしい接客と営業を行えます。ですが、、

飛び込み営業の概念を変えよう!

 

 

その一方で、一歩店舗を出ると

とたんに引っ込み思案に

なってしまう人が沢山います

 

 

しかしながら

お店を繁盛させるためには

店内営業だけでなく

お店の外に出てお店に来てもらうための営業を

する必要があります。

 

 
これは、スタッフよりも率先して

経営者自身に是非

やっていただきたい方法になります。

 

 

このお店の外での営業

(該当でのチラシ配布を含む)を

スタッフに押し付けているお店では

ろくな成果がでません。

 

 
経営者が自ら

率先して行うことにより

経営者のそういった背中を

スタッフが見て始めて

スタッフも頑張ろうという意識が沸くのです。

 

 
お店の外への営業は

おおきく分けて二つあります。
 

 
商圏地域内の、他業種店舗への営業
商圏地域内の、法人(会社)への営業
 

 
まず、①についてですが

商圏地域内に、競合にはならないけど

顧客のターゲットが同じというようなお店が

あると思います。

 

 

自店が女性をターゲットにした

パン屋さんであれば

  

 

近所のクリーニング店や

女性向けの洋服店などは

ターゲットが同じですが

業態的に競合になることはありませんね。

 

 


そういった店舗に

自店のチラシや

紹介カードをおかせてもらえるよう

交渉するのです。

 

 

しかしながら

そのお店の販促物も

自店に置かせてもらう事を約束すれば

 

 

双方にとってメリットのある提案が

できますよね。

 

 

結果、顧客を

紹介しあうことになります。

 

 

ご紹介することによって

顧客に喜んでもらえるお店と

提携できるよう心がけましょう。

 

 
次に②についてですが

これは、近所の法人への

営業になります。

 

 
飛び込み営業は

誰でも苦手意識がありますね。

 

 

これは、断られるのが怖い

嫌だという意識が

あるからだと思います。

 

 

そもそも営業とは

説得しなければならないという意識を

持っているのではないでしょうか?

 

 

営業とは、見込み客を

説得することでは

ありません。

 

 

見込み客に、お店の情報を

知ってもらう為にやるのです。

 

 
いくら説得しても

来店しないお客様はしません。

 

 

説得しなくても

来店してくれるお客様も

必ずいます。

 

 

要は、坊主めくりと一緒です。

 

 

より多くのカードをめぐって

説得してくれなくても来店してくれるお客様(お姫様カード)を探すのです。

 

 

坊主をめくってしまったからと言って

いちいち落ち込んでいては

より多くのお姫様を探すことはできませんね。

 

 
営業の本質は、数にあります。

説得できるようにする必要はありません。

お姫様を探してみてくださいね!

 

 

【富田英太公式LINE@の登録はこちらから】

→ bit.ly/2MFMkvk

 

 

それでは!

 


2018/09/17

コンサルティング