富田です! 今回は、お客様とのコミュニケーションを図るのに代表的なアナログツール【ハガキ】の使い方についてお伝えしてきます。

ネットが流行っている時こそ、人と違うことをする

一見、ネットが主流となっている現代では

逆にこういったアナログツールの方が

以外に効き目があったりします。

 

 

まず最初に

ハガキを送る目的について

お話します。

 

 
美容業界などでは、もはや定番の

コミュニケーションツールとなった

お礼ハガキ。

 

 

御礼ハガキを出すときに

大切になってくることが

一つあります。

 

 

それが

 

 

 

【また来店したくなるように書く】

 

 

と言うことです。

 

 

しかし、ここで一つ

大きな問題があります。

 

 

それが、御礼ハガキと販促ハガキを

混同してしまい

ついつい、売り込みハガキを

送ってしまうと言うことです。

 

 

御礼ハガキに、お店のキャンペーン告知とか

割引の案内などを一緒に載せて

送付してしまうのは、

お客様の気持ちに立ってみるとどうでしょうか?

 

 
「また売り込みか・・・」

 

 
という印象を持たれて

捨てられてしまうのがオチです。

 

 
もう一度来てもらいたい気持ちは

よく分かりますが、結局、逆効果になってしまいますので

御礼ハガキはあくまで、来店して頂いた御礼をする。

 

 

このことを徹底しておいてください。
 

 

では、その御礼ハガキを

効果的に再来店に繋げるために重要なことが

いくつかあります。

 

 

それが、

 

 

【ハガキのデザイン】と【タイミング】

 

 

です。

 

 
できれば気持ちを伝えるために

手書きで一通一通書くことに

越したことはありませんが

 

 

時間が無い場合は、吹き出しを

あらかじめハガキに印刷しておいて、

その中に、一言でもいいので

御礼のメッセージを添えてください。

 

 

もし可能であれば、そのお客様が来店して頂いた際の

交わし会話や、印象などを書いて

あなただけのために書いているという印象を

持たせるようにしてください。

 

 

そこまでできればパーフェクトです。

 

 


この御礼ハガキは

来店への感謝を伝えると同時に

お客様の記憶に自分のお店を定着させることが

目的でもあります。

 

 

特に、新規で来店して頂いたお客様には

必ず送るようにしましょう。

 

 


その際のタイミングですが、例えば美容室だと、

理想とされるタイミングは合計3回あります。

 

 

まずは、来店後すぐ、次に1週間後

最後に3週間以内に送付するのが理想です。それぞれ、
 

  • 1回目 お礼をお伝えするハガキ
  • 2回目 ヘアーのお手入れ方法を記した手紙
  • 3回目 お直しサービスを告げるお手紙
     

 
を送付してみると効果的です。

 
お客様が

あなたのお店を忘れかけたころ

届くようにするのです。

 

 

人間の記憶は、眠ったあと

翌朝には、8割くらい忘れてしまい

そこから、だんだんと薄れていくものだそうです。

 

 

しかしながら、この期間に

一度でも思い出すことがあれば

その記憶は定着しやすくなります。

 

 
もちろん、何度も何度も

思い出す機会があれば

それだけ、あなたのお店は

お客様の記憶に定着することになるのですが

 

 

あまりしつこいと

悪い印象の方の記憶が定着してしまいますので

ほどほどにしておきましょう。
 

 
全ての販促施策に共通することですが

他のお店と同じことをしていても印象には残りづらいのです。

 

 

なので

お客様の印象に残す為に、

是非、他のお店がやっていないような時期に送付することをやってくださいね!
 

 
それでは!

 

【富田英太公式LINE@の登録はこちらから】

→ bit.ly/2MFMkvk

 


2018/09/13

コンサルティング