人財募集

今日は、飲食店経営者やサロン経営者が悩むであろう【求人情報の出し方】についてお話したいと思います。

従業員候補であり、お客様。

 

実際にお店で働いてくれる

従業員の方は

 

 

元々自分の知人である場合や

知り合いである場合もあるのですが

 

 

大抵は、求人情報を見て

お店の存在を

知ってくださる場合が

殆どだと思います。

 

 

そんな時に

何を意識すれば

良い人材の確保ができるのか?

 

 

また、実際に働き始めた後に

辞めないで住むのか?

 

 

といった、ミスマッチが

起こらないために

重要なことは何か?

 

 

と言うことを知ることは

かなり大切です。

 

 

殆どの人が

給与や待遇、働き方に着目して

求人を出してしまいますが

 

 

それ以外にも

大切なものがあります。

 

 

それが、スタッフの表情です。

 

 

来店していただかないと

なかなか伝えることができない

店舗の詳しい紹介や

スタッフの働いている表情。

 

 

そういったものも

求人媒体を通じて

知っていただくチャンスです。

 

 

例えば、自店がどういった人材を求めているか

一緒に働きたいのは

どんな人なのかを

伝えることもできますし

 

 

 

そういった判断基準を

持っておくことで

聞きたいことや

伝えておくべきことなども明確化するので

コミュニケーションはとりやすくなります。

 

 
条件面を整えて

待遇を良くすることももちろん大切ですが

それ以上に、スタッフがどういう表情で働いているか

また、応募に対する担当者の対応

採用後のスケジュールなども頭に入れておきましょう。

 

 
こういった受け入れの事前準備をしておくことが

優れたスタッフを採用するためには

何よりも優先しなければなりません。

 

 

お店で働いているスタッフたちの動きや表情が

一番のお店の魅力であることを認識し

自分が働きたいなと感じるお店を

演出することもとても大切です。

 

 

ぜひ、求人情報を出すときは

これらも意識するように

してくださいね!

 

 

【富田英太公式LINE@の登録はこちらから】

→ bit.ly/2MFMkvk

 


2018/09/10

コンサルティング