オープンマインド

こんばんは、富田です!今日は、経営者の人が誰もが悩むであろう【組織管理】の話をしたいと思います。経営者の悩みは、集客と、組織管理。集客に関しては時代によって何が正解なのかが変わってくるので常に勉強していくことが実際問題として大事なのですが・・・

組織管理 

組織管理」については

案外、昔からのやり方で

なんとかうまく運営できたりします。

 

じゃあ、組織管理は簡単なのか?

というと、実際は逆です。笑

 

集客能力の高い、優秀な経営者が

意外と組織管理ができず

何人もの従業員が辞めている姿を

私は何回も見てきました。

 

実は、このようなことが起こるのには

原因があります。

 

 

 

それが

 

 

【経営者が勝ち負けの世界に陥っている】

 

 

と言うことが

原因である場合が多々あります。

 

 
経営者の仕事は

理念と目標共有というお話は

何度もしてきました。
 

 

だからこそ、従業員として

働いてくれている人全員に

 

 

  • なぜ働くのか?
  • 自分が働くことでどうお客さんを幸せにしているのか?

 

 

こう言ったことを

伝えていく必要があるのですが
そのときに、

 

 

【経営者のプライド】

 

 

が、邪魔してしまう場合があります。

 

 

プライドが何故邪魔かというと

スタッフ・仲間に

自己開示できないからです。

 

 
個人では

オープンマインドですが

企業はディスクロージャーです。
 

 


どういうことかというと

心理学用語で

 

 

【IメッセージとYOUメッセージ】

 

 

というのがあります。

 

 


これも凄く単純で、私はこう思う!と

あなたはこうだ!これだけの違いです。

 

 

例えば、うまく仕事をしてくれない

スタッフに対しては

 

 

「お前がちゃんと働かないのなんとかならないの?」

 

 

というよりも、


「もっと働いてくれないと会社の経営が成り立たなくなちゃうから本当に働いてほしい・・・」

 

 

と、伝えていくことが

大切です。というか、

 

あなたがこう!よりも、私はこう思うが大切。
 

 

実は、このお話する前に

従業員がなかなか働かなくて

 

「自分は腹が立つ!」

と、ストレートに

従業員に言ってしまった

オーナーがいます。笑
 

 


そこで、何故腹が立つのかについて

考えてもらったわけです。

 

 
で、わかったのは

そのスタッフに腹が立つ前に

目標があって、

そこへいきたいのに、その通りにならないという

そのことに腹が立つ。

すなわち経営者の問題なわけです。
 

 
先ほども言いましたがスタッフと経営者の意識は一緒ではありません。

 

 

そこで大切なのが、そのことをつたえることなんですね。

 

 

そして弱い部分をしっかり見せる。
 

 


自分は、お店をこうしていきたい

スタッフにはどうなってもらいたい。

 

 

顧客にはこうなって欲しい。と。

 

 


でも自分には自信がないんだ

どうしても、あなたの協力が必要である。と。
 


これは本にも書きましたけど

3年間赤字経営から

立ち直ったオーナーが

まさに実践してくれたことです。

 

 

これは、すごく大切な概念ですので

あなたも意識してみるようにしてくださいね!

 

【富田英太公式LINE@の登録はこちらから】

→ bit.ly/2MFMkvk

 


2018/09/09

コンサルティング