スピード感

いつもお世話になっております、富田英太です。 今年もわずか残すところ120日超となりましたね。毎年、この頃になると今年の正月を思い出し 時の過ぎるスピードの速さに驚かされます。

1年は短く感じるのではなく短いもの。

20代、30代と、40代を迎え、 そのスピードはどんどん加速していきます。

人が時間を感じるスピードの中に、「情報の数」というものがあります。

現在の自分と情報のスピードに相対して考えると 

地球上の歴史の中で これだけスピードの速い時代は今までに無かったのではないでしょうか?

それだけ、いま情報が氾濫しあふれかえっていて 昔であれば1ヶ月かかった情報の入手が、 5秒でインターネット上から得ることができます。

情報をインプット

人間の脳でこれを処理して アウトプットしていくのですが、その早さも、 尋常ではありません。というか、尋常じゃないスピードで、 アウトプットしていかないと世の中に追いつけません。

フェイスブックやツイッターで皆さんのご活躍を 拝見するたびに

「私も、もっと早く早く!」

と心で思います。 適切な危機感を感じつつ、 自律しやっていかねばなりません。 経営者にとってのスピードアップとは、まちがいなく

【「決断」スピード】

です。

決断を以下に早くし手を打ち続けることができるか?

恐ろしい時代ですね、

大手は、決断スピードが遅く方向転換も遅いので どれだけ体力があっても足下が倒れることも、 異常事態とは言えない時代です。

私達は、あくまで決断スピードと転換の早さで どんどん変化しこの時代を生き抜かねばなりません。

あらためて、サービス業の繁忙期を迎える9月からの忙しい時期に突入するまえに決断を先延ばしにしていることを、リストアップし

_____________

やるか、やらないか、 先か、後か、 任せるか、自分でやるか

_____________

これを速やかに決断し

________________

いつまでにやるか やったことを検証して
何を改善するのか、しないのか?

________________

これをを決断し続けられるかどうかが経営者として成功できるかどうかを分けると私は思います。

あなたも、何か先延ばしにしていることはありませんか?

今、決断していないことは本当に今、決断ができないことでしょうか?

これらを見返してこの超スピード社会を乗り切ってくださいね!

 

【富田英太公式LINE@の登録はこちらから】

→ line.me/ti/p/@dqe0521g


2018/09/01

開業支援