コンフォートゾーン

富田です!あと少しで手に入れることのできる目標を、寸前の所で、手に入れ損ねたことって、今までなかったですか?私は最初、営業マンとして仕事をしていたのですがあとちょっとのところで契約が取れなくて、「おまえは詰めが甘い」と、よく先輩に言われていました。

コンフォートゾーン(自分の安全地帯)

今だから少し考えることなんですが
これって、単に方法としての詰めが甘かったのか?

それとも、もっと違う要因として、
精神的な要因として
あと一歩届かなかったのか?と。

この「やっぱとみた」ブログでも
よくコンフォートゾーンという
自分で自分の枠を決めているというお話をします。

本当は、あと少しで
手に入れれるかもしれないという時に、
このコンフォートゾーンが
無意識に邪魔をしている場合が良くあります。

このコンフォートゾーンを
上手く操れないと、無意識に
あと一歩で届かないという状況を
毎回作り出してしまいます。

ミスらなくていいところで、ミスり
遅れなくていい状況で遅刻をして、
緊張しないでいい場面で
緊張して話せない。などなど。

うっかりミスというのは、
実はうっかりではありません。

コンフォートゾーンによる
潜在意識の確信犯的犯行(反抗)なんです。

では、コンフォートゾーンは
どのようにすれば
変えることが出来るのか?

という話なのですが
一番効果が出るのは、言葉を変えることです。

心の声が原因で
自分の潜在意識が変わっているので
声に出して、自分の変えたい潜在意識に
変えて行くことがとても大切です。

自分に自信がなかったり
ここぞというところで失敗してしまう人は
まずは自分にはできる!と心に誓ってください。

 

そして、鏡の前で
家を出る前に、自分には出来る!と
10回いうことを習慣にして見ましょいう!

 

自分を信じて、自分のコンフォートゾーンを外し、
イメージの力ですね。違う明日が必ずやってきます!

今日の東京は珍しく涼しい風が
吹いて、一瞬秋の訪れを感じました。
毎年この季節はテンション高めです(笑)

このテンションでしか
できない配信もしているので
ぜひ、私のLINE@にも登録してくださいね!

【富田英太公式LINE@の登録はこちらから】
line.me/ti/p/%40dqe0521g
※定員に達し次第、LINE@の募集は締め切ります


2018/08/19

自己啓発