O2O活用事例

今日は、前回ブログ記事と同様に実店舗経営に欠かせない“020戦略”についてお話したいと思います。020とは、前回も軽くお話ししたのですが“Offline to online”の略でネットからリアルへの集客に繋げる方法を指します。

ネットとリアルをつなげる

通常、自分のお店にお客さんを呼び込む方法としては、ビラを配る、折込広告に入れるというのが通常の方法なのですが、クーポンを付けたりなどそれ以外の方法も沢山ありますよね。

  • お客様に誰か紹介してもらう
  • 看板を出す、店の前で呼び込みをする
  • お店にふらっと立ち寄った人に声をかける

というのも通常良く行われています。

このブログをお読みの方の中にはそれらの方法を実践したけど上手くいかなかった人もいらっしゃるかと思います。

インターネットの集客のプロの人に話を私も聞いたことがあるのですが、オンライン上で商品を売るのは得意だけどお店に来客をして貰ったりといった、

ネットとリアルを繋げる

というのは、実はプロの人でも難しくて悩む分野らしく実は、意外と難易度が高い分野なんですよね。

しかし、私はあることをすることで安定的に集客に繋げる方法を見つけました。

その最も大きな存在が「ID」です。

今、どこでも電子化が進み買い物をするときには「ID」が必要なのが通常になってきていますよね。

実はこのID、ログインすれば当然のことながら、IDをキーとしてその行動は記録されています。

カートに入れたもの一度見たものなども詳細に記録されその人の嗜好から様々なリコメンドがされています。

例えば、オンライン店舗の表示内容

実は すべての人に対して同じというわけではなくその人の嗜好にあわせて変化していきます。

さらに最近はまったく異なるサイトにいながらも、自分と関係する情報が出てくることに気が付かれている方も多いでしょう。

そもそもオフラインでこれらのマーケティング活動がなかなかできなかったのは、「顧客と行動」を記録できなかったからです。

ログイン、GPS、スタンプ記録によりこの「顧客と行動」が記録できるようになりました。

今後の店舗戦略の世界はこのIDを、使いこなせるかどうかで集客が上手くいかどうかが変わっていきます。

  • 顧客のID情報を入手し今、お店が空いているから通知する。
  • 生鮮物が傷んで捨てる前にタイムセールスでお知らせする。
  • そして買い物をしてくれた顧客にフォローアップのメッセージを送る。
  • 記念日にメッセージを送る2ヶ月以上来店されていない顧客にメッセージを送る。
  • こういったことが今の時代、ID機能を使いこなすことで可能になっています。
  • さらにそれだけではなくてGPS機能を使っていくことで場所を指定した情報提供も今は可能です。
  • お店の半径 300m範囲(歩いてすぐ来れる距離)にいる人に対して、特典が受けられるメッセージを送る。
  • 利用者が、今自分が行けるお店を検索することが出来る。
  • 店舗のあるエリアにはいるとお得なクーポンが届く商品に近づくだけでその商品情報を簡単に得られる。

こんなことが当たり前にできるようになってきた昨今です。

世の中は進んできているのはわかるが、 まだ自分のところが実行するには早い。

そこまで店舗側が準備できるような段階ではない。

とお考えのところもあるのではないかと思います。

しかし、考えてみてほしいのは消費者はすでにこれらのO2Oを利用・活用しているということです。

今までは「ネットはネット」と考えていたものが、すでにリアルの店舗戦略とシームレスに関わってきています。

決して近未来のことではなく既に現実のものとして、実行され広まってきているものであるということですね。

今こそ「今だけ、ここだけ、あなただけ」への実現について、真剣に取り組むべきタイミングと思います。

富田英太公式LINE@

個別面談では、こういった最新の集客手法についてもお話させて頂いています。

今なら、期間限定でLINE@に登録してくれた人は無料面談を開催していますのでぜひ、私のLINE@にも登録してくださいね。

【富田英太公式LINE@の登録はこちらから】

→ line.me/ti/p/%40dqe0521g

※定員に達し次第、LINE@の募集は締め切ります。

それでは!


2018/08/08

コンサルティング