日本でも益々、海外からのお客様向けに、サービス対応していくことが「あたりまえ」ということになってきましたね。改めて中国人インバウンドのサービスについて決済から見直していきましょう。(2017年は、日本を訪れた中国人観光客は735万人で前年比15.4%増)

地方の観光地ではまだまだ中国人向け決済対応が少ない

中国国内は、世界のインターネットサービスの利用規制が入っているため、中国国内独自のサービスが多く普及しています。

たとえば、ウィチャット(日本でのLINEみたいなもの)は、現在のアカウント数が11億人にも上るそうです。

もともと、中国国内の決済サービスとしては、広く銀嶺カードが普及していましたが、後発の国内の決済サービスが普及していく中、圧倒的ユーザー数を保有している、アリババや、先述しましたウィチャットが決済サービスを提供しており、スマホさえあればカードを持たなくても決済できてしまうという利点から、2大決済サービスとして中国人に良く利用されています。

日本国内でも中国人観光客向けに、上記のような決済サービスを用意することによって、中国人がより自店のサービスを利用しやすくなるというメリットがあります。

裏事情としては、

  • 中国人が持ち込める現金の制限がある
  • カードを持たない中国人でもスマホは必ず持っている
  • コミュニケーションツールと連動しているので、国内での口コミが広がりやすい

などの利点があるそうです。

また、最近、地方に出張して特に感じるのですが、世界的に有名な観光地(京都や東京、大阪など)以外の地方都市にも、沢山の中国人が訪れていますね。

地方の観光地でも、中国人に向けての決済サービスの導入が急務に思われます。

あくまでご紹介ですが、ANA子会社(国内企業)が1次代理店として日本国内にウィチャットペイの決済サービス導入を推し進めています。

  • 店舗は、スマホ、またはタブレット一台あれば読み取り機など導入する必要なし
  • 購買の際は、都度バーコードが発行され、それを顧客のスマホで読み込んでいただくことで決済完了
  • 決済審査判断は、3秒以内で完結
  • 導入費用、加盟金など初期費用一切不要
  • 国内一次代理店なので、決済手数料が他社代理店より安い可能性あり!(笑)
  • 国内1次代理店との契約(未収金発生リスクが限りなく少ない)
  • 中国国内のユーザーに対しての告知訴求も可能

上記のメリットから、もしご興味がある方がいらっしゃいましたら、状況確認させていただいた上で、国内一次代理店をご紹介いたしますので、以下問合せフォームよりいつでもお気軽にお問い合わせください。

問合せフォームはこちらをクリックしてください。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!


2018/06/22

サービス紹介