パイプライン

メルマガやブログを再開してから様々な方からご連絡をいただくようになりました。私のような覚えていただいて感謝です。私は相変わらずのんびり生きてますが(笑)他人よりもハイペースなマイペースを心がけています。

コツコツ、仕掛けを作り続ける

コンサルタントという職業のキャッシュポイントについては、独立して間もなくは、おそらく、セミナーや相談業務、執筆活動が中心となると思います。

セミナーや相談業務は言うまでもありませんが、執筆活動なども、よほど本が売れない限り、また売れ続けない限り、印税も不労所得とは言えません。

要するに、最初は、自分の時間を切り売りし、いかに自分の時間単価をあげていくかが、コンサルタントとして自立していくための最初の目標となるでしょう。

しかしながら、いつまでも時間対価で仕事をしていけるわけではありません。

有名なお話「パイプライン」

村が水不足で、遠くから水を運んでこないと生活できない。そこで力持ちの村人は、毎日人1倍の水を運んできて村人に貢献していました。

しかしながら、歳をとり、体力が低下する中で、徐々に運べる水もわずかとなり、ついには、動けなくなってしまいます。

もう一人の村人は、ある日突然と村から姿を消しました。その村人は、せっせと遠くの川から、水路をつくっていました。

月日がたち、水路が村までひかれると、自動的に、水が村に流れ込むこととなり、その村人の功績で、永遠に村に水を提供することに成功したのです。

これを、コンサルタントとして構築していくことを考えると、

  • 飲食店を立上げ、成功要因をまとめ、開業したい人にノウハウ提供をして、ロイヤリティを貰う、もしくは、仕入れを一括してまとめ、手数料を上乗せして、請求し利益とする。
  • セミナーでの講演を録画し、インターネットで動画コンテンツを販売する。
  • あなた自身が、講演で派遣された相手先へ、あなた以外の先生を派遣し、紹介コミッションを得る。
  • クライントの仕入れ先を一括して取りまとめ、仕入れ先に、原価交渉を行い、手数料を得る。
  • クライントの商品を、通販業界の大手に斡旋し、販売数×紹介費用を貰う契約を結び、通販カタログに掲載をしてもらう。
  • 商品企画を一緒に行い、パッケージデザイン・印刷を一括して受注することにより、その商品が売れれば売れるだけ、製造収入が入る。

などなど、まだまだ、たくさんの収入パターンがありますが、このような、モデルを構築できたとき、それがあなたの価値が、無限大になる瞬間です。

それでも、コンサルタントはやめられない(笑)

コンサルタントという職は、つくづく割に合わない仕事だと私自身は思っています。人の夢を叶える事が、自分の夢だと言いきれない限り、当たり前ですが、コンサルタントなんてすぐ辞めて、今すぐご自身の夢を叶える為の行動を移してください。

でも、その支援に対して、クライアントからお礼を言われている内は、コンサルタントとしては、まだまだと言えます。

うまくいって当たり前と、クライアントに思ってもらえる状態が、本当のコンサルタントと言えるのかもしれません。

いつでも素の状態で、クライアントの様々な悩みに答え、クライアントと同じ立場で一緒に考えていく。

これからも色々な仕掛けを作りつつ、コンサルタントで有り続ける限りこの想いは貫き通したいと思います。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!


2018/06/23

コンサルタント養成