従業員が労働に対する満足を感じた場合、お客様に対して満足を提供しようと考えるものです。 満足を感じている従業員の言動は、お客様の満足要因となる言動に転換されます。有名なマズローの欲求段階における承認欲求において、社内から顧客からの承認が社員のモチベーションにつながることを経営者は意識しつづけなければなりません。

環境プロデューサー(経営者)の役割

承認欲求には、他人に認めてもらいたいという段階と、自分で自分を認めていく、受け入れていくという段階があります。

他人からの承認欲求が満たされ、そして、自分を自分で認めることができる環境を人は望みます。

従業員のモチベーションとは、この承認欲求を満たしていくというステップが必要になるわけですが、その店での自分の役割、そして適正な評価、頻繁に細かく成功体験を積み、それを、周囲のスタッフが認めてくれる

そして認めあうというお店の中の仕組みを作り上げるのがプロデューサーでもある経営者の大事な役割なのです。

雇用者と被雇用者の溝

雇用者と非雇用者の関係は、少なからず溝ができてしまいます。

日々プラスの言葉を交換し合う事によって、また経営者のその人を本当に育てたいという想いが伝わることによって、経営者と従業員の関係にも少しずつ信頼関係が生まれてくることでしょう。

この信頼関係がしっかりと強固なものになってくれば、改善点を伝えることや、本人のミスをしっかりと叱ることなど、そういった言葉を発したとしても、本人も自分の為に言ってくれていると考えることができ、しっかりと受け止めて改善していくようになります。

怒ると叱るは異なります。感情でぶつけるのではなく、相手の為を思って叱る。

社員との信頼のパイプを太くしていくことが、顧客満足に繋がる

この気持ちは必ず相手にも伝わるはずです。 大企業も中小企業も、組織はこの信頼関係が太くしていく事が大切です。

経営者は、常にこの信頼関係のパイプを太くしていくためにはどうしたらいいかを考え続けなければなりません。

店舗経営ビジネス塾定例勉強会

毎月、勉強会を開催しています。 過去5回のセミナーの内容に関しては、 塾のコミュニティ内で何度も視聴可能にしてあります。次回勉強会の詳細はこちらから!

第6回勉強会の開催要項

店舗経営コンサルタント富田英太の「店舗経営ビジネス塾」

登録月(今月)は無料です!

先着30名様(あと5名)まで、5000円/月を3000円/月で入会可能です。

さらに、無料で毎月の店舗経営ビジネス勉強会にご招待!

店舗経営ビジネス塾メンバー特典

もちろん、場所や日時の都合で、ご参加いただけない方には、 動画で視聴していただき、また質問などは、このビジネス塾内でお答えしていきたいと思います。

富田英太_fbカバー画像本番

この塾に参加していただいた方には、私、富田英太への様々な相談、店舗経営者同士の情報交換、月一度の勉強会への無料参加、無料視聴ができます。

客観的に視点を、自社に導入したい方は、まず「店舗経営ビジネス塾」から!

この塾の詳細については!→ 富田英太の「店舗経営ビジネス塾」

皆様のご参加をおまちしております。

過去の勉強会動画公開情報

  • お金をかけずに繁盛店に変える方法(集客編) 講師:富田英太
  • LINE@を使って繁盛店になる方法 講師:斎藤元有輝
  • 顧客満足へ繋がるコミュニケーション能力の向上 講師:金本祐介
  • 仕組み化による経営者の時間創出について 講師:加納聖士
  • 経営者の仕事とは?あらためて自社のコンセプトを考える 講師:富田英太

2015/08/08

コンサルティング