飲食店の売上面の分析も大事ですが、こんなこと言うのも当たり前すぎるんですが売上が良くても、経費の割合が大きい状態では、お店に利益やお金が残ることはありません。そこで、今日は基本中の基本ではありますが、あらためて、飲食店の経費チェックのポイントを復習しましょう。

見ておきたいポイントは以下の4つ

FLコスト率

(食材費・ドリンク費+人件費)÷売上高×100

これにより、算出された金額は60%以下が望ましい。 FL コストとは、食材費と人件費の合計をいいます。Fコストは、食材費とドリンク費の合計をいい、Lコストは人件費をいいます。

 水道光熱費比率

水道光熱費÷売上高×100

これにより、算出された金額は6%以下が望ましい。基準値より数値が大きくなればなるほど、店舗の利益は減少します。

家賃比率

家賃÷売上高×100

これにより、算出された金額は8%以下が望ましい。基準値より数値が大きくなればなるほど、店舗の利益は減少します。

人時売上高

売上高÷総労働時間

これにより、算出された金額は4,000円以上が望ましい。基準値より数値が小さくなればなるほど、店舗の利益は減少します。

さいごに

飲食店を経営する上で、特に注目すべき点は、FLコストです。

FLコストは、飲食店の2大コストと呼ばれるものであり、この2つのコストが、飲食店経営をする上で、とても大きな存在となります。

数値を正確に把握し、分析を行い改善することが大切です。

店舗経営ビジネス塾定例勉強会

ですが、毎月、勉強会を開催しています。 過去5回のセミナーの内容に関しては、 塾のコミュニティ内で何度も視聴可能にしてあります。次回勉強会の詳細はこちらから!

第6回勉強会の開催要項

店舗経営コンサルタント富田英太の「店舗経営ビジネス塾」

登録月(今月)は無料です!

先着30名様(あと5名)まで、5000円/月を3000円/月で入会可能です。

さらに、無料で毎月の店舗経営ビジネス勉強会にご招待!

店舗経営ビジネス塾メンバー特典

もちろん、場所や日時の都合で、ご参加いただけない方には、 動画で視聴していただき、また質問などは、このビジネス塾内でお答えしていきたいと思います。

富田英太_fbカバー画像本番

この塾に参加していただいた方には、私、富田英太への様々な相談、店舗経営者同士の情報交換、月一度の勉強会への無料参加、無料視聴ができます。

客観的に視点を、自社に導入したい方は、まず「店舗経営ビジネス塾」から!

この塾の詳細については!→ 富田英太の「店舗経営ビジネス塾」

皆様のご参加をおまちしております。

過去の勉強会動画公開情報

  • お金をかけずに繁盛店に変える方法(集客編) 講師:富田英太
  • LINE@を使って繁盛店になる方法 講師:斎藤元有輝
  • 顧客満足へ繋がるコミュニケーション能力の向上 講師:金本祐介
  • 仕組み化による経営者の時間創出について 講師:加納聖士
  • 経営者の仕事とは?あらためて自社のコンセプトを考える 講師:富田英太

 


2015/08/06

Knowledge style for Food Business