コンサルティングにおける成果とは関わる店舗等の残る利益を増やすことです。そしてその残る利益を増やし続けなければなりませんしかし、それは一人仕事ではありません。アルバイトや社員、関わるチーム一人一人の意識、行動を変えなければ果たされないことが大半です。

成果を向上させるためには、事実を変えなければなりません

事実を変えるためには、行動を変えなければなりません。

行動を変えるためには、意識を変えなければならなりません。

しかし、意識を変えることはなかなか難しいし、また、意識の変化を定量的に測定することも難しいでしょう。

であるならば、行動を変えること、そして行動の変化を測定すること、更に「行動」を対象に何かしらのアクションを起こせば、成果(=結果)に対するインパクトは期待できるのではないでしょうか。

つまり、「成果の不確実性」のバラツキをできるだけ抑えるためには、「行動の確実性」を高めることによりそれらは解決します。

スタッフのモチベートに対してコンサルタントは、

「スタッフが思う期待以上の行動」とは何か?

にアンテナを張っておくことです。 何かコンサルタントが作成する書類があり、それに基づいてスタッフが行動するとします。

1週間くらいかかると思われているなら翌日に完成共有するだけでも、当方が本気で取り組んでいることが伝わるし、そのことがスタッフのモチベート要因となります。

例のように1週間かけて作成するものを1日で行うような、一見収益向上に必要ないように思えることでも、チーム構成員に対し、期待以上のことをし続けることがコンサルタントには必要なことがあります。


2015/07/21

コンサルタント養成