さてそろそろ7月21日開催の「第五回店舗経営ビジネス塾定例勉強会」の内容を作り込みしていきながら、自分自身の経営者としてのスタンスを改めて見直しを計っています。ふと思い出した友人の言葉「経営者の心が折れるときは、未来が見えなくなるとき」なんだそうです。

経営者の心がポキッと折れる音

経営者は今ある問題が大きすぎて心が折れることは少ないのですが、これから先の未来が描けなくなると心が折れるそうです。

逆に問題が山積みの方が燃える経営者が多いのは確かです。

  • 自己成長を感じることができなくなったとき
  • 現状に満足してしまったとき
  • 自分の存在理由がわからなくなったとき
  • 未来が描けなくなったとき
  • 現状に縛られて未来を夢見ることが出来なくなったとき

そんな時経営者の心は折れます。

未来と継続

これは、ひとえに、自分のありたい姿のスタンスが低い、すなわち今に埋没してしまったときに発生する事件です。

これは、心の強い、弱いの問題ではなく、現実に埋没してしまうと誰もが陥るいわゆる鬱状態です。

この前の創業塾では、経営者の役割は、未来を描くことと、現状を継続することとお伝えしました。

これは、今日で人生が最後だと決めて今日を生きる、人生は一生続くと決めて勉強しつづけるという言葉と同じことだと思います。

経営者としてのスタンスとは、視野の広さの問題

明日の資金繰り、現状のスタッフの問題などにより、未来よりも、どんどん現在に視点が移ってしまい、明日どうすればいいのか?という目の前の壁を凝視してしまい、視野がとことん狭くなるということです。

視野が狭くなると言うことは、ますます選択肢が狭まり、最終的に、未来を描くだけの心の余裕はなくなり、少ない選択肢の中から現状の課題を乗り越える方法を選択しなくてはいけなくなり、それらはことごとく失敗しドツボにはまります。

焦りだけしかない・・・そんな緊張状態が毎日続くことによって、鬱になり、まずます未来が描けなくなる、打つ手が亡くなる、心が折れるということでしょうか?

過去の延長をひきずることを止める

人ごとのように言っていますが、私自身もすべては自分の責任と思い定めると副作用として、自分を自分を責め続けることになってしまう「ドはまり状態」に陥ってしまうときがあります。

そんな時、いつも自分に独り言を呪文のように唱えるようにしています。

人生は、いつでもやりなおせる。今日から、今から、またやりはじめよう。

自分を未来に放り投げる。こうありたい自分から、今の自分を見返してみる。未来のありたい自分から、現在の自分に声をかえるとしたら?

全ては自分の頭の中のイメージです。人は想像し創造します。だからこそ、本当にいきづまったときこそ、イメージ力を発揮しなければなりません。

日常から抜け出して

7月21日の勉強会では、未来のあるべき姿から、ありたい経営者像から、自社のコンセプトやブランディングを考える時間とし、そのありたい姿から逆算して、

  • 現状何をすべきか
  • 何に視点を移すべきか(何にフォーカスすべきか)

普段、日々の日常に埋没してしまい、想像する時間がなかなかとれない経営者の普段できない質問をぶつけていきたいと思います。

1395041256956

(会場風景)

講師は、私、富田英太、参加者条件は、店舗経営ビジネス塾のメンバーに限りたいと思います。おそらく少人数での開催が予想されます。

かなり濃い2時間半にしたいと思いますので、思い立ったら吉日、是非、塾に参加していただき、21日お会いしましょう!

第五回 店舗経営ビジネス塾 定例勉強会の開催要項

  • テーマ:経営者の仕事とは?経営者の意識変革とは?経営者の存在理由とは?
  • 日時:7月21日13時開場13時30分スタート16時まで(その後懇親会あり)
  • 講師:富田英太
  • 参加費 塾メンバー無料ご招待(のちほどメンバーコミュニティーで動画公開)
  • 場所 106-6013 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー13F

内容は理念、ストーリー、ブランディングを中心に、経営のコンセプトを明確にしていく作業を一緒に行っていきたいと思います。

  • 経営者の仕事とは?
  • 戦略と戦術の違い
  • うまくいく経営者といかない経営者のちがい
  • 経営者の意識を変えるための理念
  • 経営者の意識を変えるための戦略
  • 経営者の意識を変えるためのブランディング
  • パラダイムシフト
  • コンフォートゾーンについて
  • 思考のリミッターカット など
  • 強みとは何か?あなたの強みを明確化するワーク

あらためて自分達のコンセプト、また強みは何か?とうことを再構築できる勉強会にしたいと思います。

講師プロフィール

富田 英太(トミタ ヒデヒロ)

ジャパン・コンサルティング・アソシエイツ認定
エグゼクティブ経営戦略コンサルタント

テーマ:経営マネジメント・業績改善・起業支援

1978年1月10日 大阪市生まれ
“経営者の夢の実現を支える戦略型コンサルティング”

高等学校を卒業、システムエンジニアから果物の行商販売を経て(株)リクルートに入社。通信販売業を主とするクライアント企業の売上を改善。前年比300%超の実績や社内営業成績1位を獲得。コンサルティング営業の若きカリスマとして社内外で評価を得る。

24歳で独立。その後、東証一部上場コンサルティングファームにて、2年間パートナーコンサルタントとして店舗経営のコンサルティングノウハウを修得。

美容室、パン製造会社、イタリア料理店、居酒屋、小売店、工務店、士業事務所等の、店舗開発・黒字化運営に携わる。(全クライアント店舗、売上前年比平均 187%の売上改善実績)

店舗売上改善、黒字化経営のスペシャリストとして、クライアントや、セミナー受講した経営者・起業家を合わせると、6年間で顧客は2000人をゆうに超える。

現在、戦略型コンサルティングファームの代表として、店舗経営者の黒字化支援活動・起業支援に力を注ぐ日々を送る。

■著書

次回は、一般公開はしません(店舗経営ビジネス塾メンバーとクライアント様はご招待)ので、もしご興味のある方は、下記の店舗経営ビジネス塾にご参加いただければと思います。

店舗経営コンサルタント富田英太の「店舗経営ビジネス塾」

登録月(今月)は無料です!

先着30名様(あと6名)まで、5000円/月を3000円/月で入会可能です。

さらに、無料で毎月の店舗経営ビジネス勉強会にご招待!

店舗経営ビジネス塾メンバー特典

もちろん、場所や日時の都合で、ご参加いただけない方には、 動画で視聴していただき、また質問などは、このビジネス塾内でお答えしていきたいと思います。

富田英太_fbカバー画像本番

この塾に参加していただいた方には、私、富田英太への様々な相談、店舗経営者同士の情報交換、月一度の勉強会への無料参加、無料視聴ができます。

客観的に視点を、自社に導入したい方は、まず「店舗経営ビジネス塾」から!

この塾の詳細については!→ 富田英太の「店舗経営ビジネス塾」

皆様のご参加をおまちしております。

過去の勉強会動画公開情報

  • お金をかけずに繁盛店に変える方法(集客編) 講師:富田英太
  • LINE@を使って繁盛店になる方法 講師:斎藤元有輝
  • 顧客満足へ繋がるコミュニケーション能力の向上 講師:金本祐介
  • 仕組み化による経営者の時間創出について 講師:加納聖士

2015/07/09

研修紹介