ある時期に、仕事で関わった飲食店の社員さんからこんなメッセージがきました。このメッセージをもらったときに、人間が成長出来る機会はいろんなところに転がっていて、それをどのように受け止め、どう言葉にできるのか?そこが分岐点になることに気付かせ貰いました。

自分の言葉にできることの素晴らしさ

こんなメッセージをいただきました。

明日から、店長としてお店を任されることになりました。

辞令をいただいた時に、これまで支えてくれた上司、同僚、友人、そして家族への感謝の気持ちが溢れてきました。

自分ひとりではきっとここまでやり遂げられなかったと思います。

本当に周囲の人々のおかげです。

明日から一人前の店長として、お世話になった方々に恩返しできるよう 今まで以上に頑張っていきたいと思います。

というような内容でした。 正直、すごいなと思いました。

何がすごいと感じたかというと、こういうことを『自分の言葉』として人に伝えれるということです。

忙しかったり、余裕がないと、周りが見えなくなりがちですよね。

  • 自分のことで精一杯。
  • 人にかまっている余裕がない。
  • また、自分の実力だ!と勘違いしてしまったり。

自分がいくら頑張っても、それを評価するのは他人です。

つまりは、他人の協力なしに、何かを成し遂げることなどないのではないでしょうか。

自分たちは、いつも誰かに支えられて生きている。自分ひとりでできることなんて、ほんとうの意味ではちっぽけなことなのかもしれません。

知らない間に人生の分岐点を迎えている

同じ立場で仕事をしている人の中にも、周りの支援に感謝をしている人とそうでない人に分かれます。

両者の間には、その後の思考や行動に大きな違いが生まれます。 例えば、人に何かを教わったときに、前者は素直に『ありがとうございます。』と言えます。

しかし、後者は、『そうなんですか。

ひどい場合は、『あ、それ知ってます』と。

何がマズいかというと、こういった言葉を発する人には、おそらく悪気がない(笑)無意識的に、言っているから改善のしようがない。その結果、あの人にはもう教えたくないと思われる。

情報が集まらない

逆に、素直に『ありがとうございます。』がいえる人には、また教えてあげたいと思う。

つまり、情報が集まります。これはもう真逆の方向にすすんでいく分岐点です。

また、それらを見ていた周囲の人にも同じ感情が生まれます。悪い噂は、いい噂の何倍ものスピードで広がります。

それは、自分自身の成長にとってマイナスでしかありません。自分に関わってくれる人に心から感謝し、ありがとうの気持ちを伝えることで何かが生まれます。

その喜びを知った人は、自分も誰かを支援する側に回ることができます。 自分にとっても、周りにとっても、プラスの循環が生まれます。

そういった二次的な効果まで考えると、そこから生まれる差の大きさは正直計りしれません。

受け止め方と伝え方

周りへの感謝を、しっかりと言葉にして伝えることができる彼は、きっとお客さま、同僚から支持される店長になることでしょう。

この初心をいつまでも。つい忘れてしまいがちだけれど、決して忘れてはならないこと。 周囲の支援に感謝する気持ちを、いつも忘れずに持ち続けること。

そして、それをしっかりと言葉にして伝えること。 これらをいつも、自分の心に置いておくこと。 肝に銘じておきたいですね。

おすすめ勉強会

そして組織運営に感心のある経営者の方には、是非下記のセミナーを受講していただきたい!2店舗の飲食店を経営しているオーナーが、スタッフとのコミュニケーションを工夫して、居酒屋甲子園関西エリアで、2店舗とも優勝、準優勝をとることができた軌跡をお伝えしたいと思います。

スタッフ定着率100%の秘密を公開!顧客満足へ繋がるコミュニケーション能力の向上

5月25日13時30分スタート、大阪で開催予定です。くわしくはこちらをクリック!

店舗経営コンサルタント富田英太の「店舗経営ビジネス塾」

登録したその月は無料です!

先着30名様(あと16名)まで、5000円/月を3000円/月で入会可能です。

さらに、無料で毎月の店舗経営ビジネス勉強会にご招待!次回は、5月25日大阪での開催を決定しました!(過去の勉強会(現状2回)の動画も視聴できます)

もちろん、場所や日時の都合で、ご参加いただけない方には、 動画で視聴していただき、また質問などは、このビジネス塾内でお答えしていきたいと思います。

第3回目は、関西の居酒屋業界の異端児!?な講師をお呼びし、繁盛店になるための組織内コミュニケーション術をテーマに開催したいと思います。

5月25日13時30分スタート、大阪で開催予定です。くわしくはこちらをクリック!

富田英太_fbカバー画像本番

この塾に参加していただいた方には、私、富田英太への様々な相談、店舗経営者同士の情報交換、月一度の勉強会への無料参加、無料視聴ができます。

客観的に視点を、自社に導入したい方は、まず「店舗経営ビジネス塾」から!

この塾の詳細については!→ 富田英太の「店舗経営ビジネス塾」

皆様のご参加をおまちしております。


2015/05/18

自己啓発