現状、久しぶりの著書出版に向けて活動しております。今回は、かなり真面目なテーマ「長く続く会社の秘訣」です、沢山の中小優良企業のインタビューもさせていただきました。

夢に生きる経営 ~長く続く経営には夢がある~

いま進めている出版企画についてですが、硬派ですが今の自分が一番読んでみたい本を書きたいと思い、初めての経験ですが、企業インタビューも盛り込んで原稿を作成しています。実は、もう構想3年くらいになる企画です。

以下はあくまでも初期の私の提案企画段階なので、まだまだ変更が多々あると思いますが、現状の私の想いを、少し紹介しておければと思い以下に企画書から要点を抜粋しました。

人を幸せにしたい、よりも、やりたいようにやる。やりたいことをやる。

3年で終わる会社、100年続く会社。 逆境に負けず、環境の責任せず、ピンチをチャンスに変えて、100年続く企業の舵をとってきた経営者のストーリーをから長く繁栄し続けるための思考・手法を、経営コンサルタントがその要因を分析していきます。

起業から3年で40%が潰れ、企業余命としては、平均10年と言われているこの日本で、どうすれば、永続する会社を運営することができるのかを、これからのリーダーへ伝えたい。

私の持論である、ストーリーが、共感を呼び、顧客から支持されるようになるまでの仕組みを紹介していきます。

経営コンサルタントの役目は、時代の橋渡し。

100年以上続く会社がなぜ、企業寿命10年と言われているこの日本で長くつづくのか?今まで1500社以上の会社が、

どのように成功していくのか、どのように、再生していくのか?

様々な会社を経営支援してきた著者が、顧客に支持されるためのキーワード、人・商品・物語の3つのポイントを改善していくことにより、企業成長の一助を担っていきたい。

昭和から、平成に残していくべき大切な歴史と想い。現代の経営者の想いや背中を見て、起業したいと思う人間が、純粋にあらわれてほしい。そして今、苦しんでいる経営者を支えることのできる本を書きたい。

以上が、私の想いです、どんな本が完成するのか、今から楽しみです。


2014/09/16

飲食業界についてコンサルティング