経営者の悩みは、集客と、組織の二つの悩みに集約されます。集客ができないから、スタッフのモチベーションもどんどん下がり、それによってサービス品質が低下し、さらにお客様が来ない。そんな負のスパイラルから抜け出す方法は、経営者自身の意識改革しかありません。

組織の問題が起こる理由は、経営者の頭の中が○○になっている

いきなりずばりですが、組織管理については、ただ単に、経営者が勝ち負けの世界に陥っているから起こるのです。

組織に対する経営者の仕事は、理念を示し、目標共有していくことにあります。

そのときに邪魔するのは、単純に経営者のプライドです。

プライドが何故邪魔かというと、スタッフや仲間に自己開示できないからです。英語でカッコウよく言うと、個人では、オープンマインド、企業はディスクロージャーですね。

IメッセージとYOUメッセージ

どういうことかというと、心理学用語で、IメッセージとYOUメッセージというのがあります。

これも凄く単純で、

私はこう思う

と、

あなたはこうだ!

これだけの違いですね。 スタッフへのメッセージとしては、お前は練習しないからだ!(YOUメッセージ)というよりも、もっと上達してくれないと、自分は悲しい(Iメッセージ)ということなんです。

でも、そういう話を真に受けて、

自分は腹が立つ!

と言っちゃったオーナーがいます。

心の奥の声を聞いてみる

「はぁー?」と一息いれてから、あらためてそこで、オーナーに何故腹が立つのかについて、考えてもらったわけです。

で、わかったのは、そのスタッフに腹が立つ前に、目標があって、そこへいきたいのに、その通りにならないという、そのことに腹が立つ。

すなわち経営者の問題なわけです。何度もこのブログでも書いていますが、スタッフと経営者の意識は一緒ではありません。

そこで大切なのが、心の底にある、本当の部分をそのまま素直に伝えることなんですね。

そして弱い部分をしっかり見せる。 自分は、お店をこうしていきたい、スタッフにはどうなってもらいたい。顧客にはこうなって欲しい。と。

自信がないんだ、どうしても、あなたの協力が必要です。

と。ぶっちゃけスタッフに自己開示できる経営者は強い。弱さを認識して共有できる人は、強いですね。

さいごに

組織がなんとなくうまくいかない、そんなときは、スタッフの言動ではなく、自分自身の心が勝ち負けの世界に陥って、

  • うまくスタッフに自己開示できない
  • 負けたくない
  • 上でいたい

という欲求がこびりついていないか、経営者であるあなたの意識をチェックしてみてください。

おすすめ勉強会

そして組織運営に感心のある経営者の方には、是非下記のセミナーを受講していただきたい!2店舗の飲食店を経営しているオーナーが、スタッフとのコミュニケーションを工夫して、居酒屋甲子園関西エリアで、2店舗とも優勝、準優勝をとることができた軌跡をお伝えしたいと思います。

スタッフ定着率100%の秘密を公開!顧客満足へ繋がるコミュニケーション能力の向上

5月25日13時30分スタート、大阪で開催予定です。くわしくはこちらをクリック!

店舗経営コンサルタント富田英太の「店舗経営ビジネス塾」

登録したその月は無料です!

先着30名様(あと16名)まで、5000円/月を3000円/月で入会可能です。

さらに、無料で毎月の店舗経営ビジネス勉強会にご招待!次回は、5月25日大阪での開催を決定しました!(過去の勉強会(現状2回)の動画も視聴できます)

もちろん、場所や日時の都合で、ご参加いただけない方には、 動画で視聴していただき、また質問などは、このビジネス塾内でお答えしていきたいと思います。

第3回目は、関西の居酒屋業界の異端児!?な講師をお呼びし、繁盛店になるための組織内コミュニケーション術をテーマに開催したいと思います。

5月25日13時30分スタート、大阪で開催予定です。くわしくはこちらをクリック!

富田英太_fbカバー画像本番

この塾に参加していただいた方には、私、富田英太への様々な相談、店舗経営者同士の情報交換、月一度の勉強会への無料参加、無料視聴ができます。

客観的に視点を、自社に導入したい方は、まず「店舗経営ビジネス塾」から!

この塾の詳細については!→ 富田英太の「店舗経営ビジネス塾」

皆様のご参加をおまちしております。


2015/05/07

コンサルティング