もう10年以上前、神戸で私の人生を変えるきっかけをいただいたコンサルタントの先生と出会いました。まさにその先生の言う通り、「人生は、誰と出会うかで決まる!」本当その通りだと思います。私の師匠の処女作が発刊されましたので、早速拝読いたしました。

稼げるコンサルタント、稼げないコンサルタントの違いとは?

柳生雄寛先生は、私が25才の時に出会いました。眼光鋭く、今とはちがって、なかなか近寄りがたかったのが第一印象でした。コンサルタントという仕事がいったいどんな仕事なのか?まったくわからなかった私は、ひな鳥と一緒で、最初に見た柳生先生をコンサルタントであると認識しました。

いま思えばコンサルタントという枠に収まる人ではありませんでしたが(笑)今でも柳生先生に教えていただいたことを基本にコンサルティングを提供しています。

言葉の定義を明確に共有する重要性

何よりも印象的だったのは、言葉の定義を明確にすることです。

  • 会議は決める場
  • 決断とは捨てること
  • 創造とは細分化
  • 仕事は自らの頭で考えた事をやる
  • 作業は自分の考えをいれずに繰り返しやる

など、詳しくは、本を読んでいただければと思いますが、本当に様々な言葉の定義を、専門用語を使わずに、わかりやすく教えていただきました。

また、そのたとえ話をも大変わかりやすく、意識することが、どう行動に結びつくのか、感情や根性論ではなく、論理的にさらにたとえ話をつかって教えてくれるので、心の底にストンと落ちます。

実際、この12年間、柳生先生の言葉をずっと思い出しながら生きてきました。一度聞いたらなかなか忘れられないものばかりです。

人生を経営者は自分自身であり、

コンサルティング力とは、自分の人生を切り開いていく力

この本を拝読させていただき、12年ぶりに改めて、自分の意識の見直しを図ることができました。

出版キャンペーン

あらためて、この12年間の振り返りの戦略会議を自分で行うことができました。下記より出版キャンペーン中です。ご興味のある方はぜひ。コンサルタントだけでなく、仕事をしている全ての人におすすめです。

→ maxvision.jp/syuppan/


2015/04/21

書籍紹介