「思考は現実化する」「9ステップ」「7つの習慣」などなど、たくさんの自己啓発本を20代読み漁りました。今でも血肉となっています。しかしながら、最近改めて読み直すと、その自己啓発書には、大きな落とし穴があることに気付きました。

自己啓発と決断の関係

「自己啓発書だけでは、人生や仕事の悩みが解決しないから、人はいつまでたってもその類の本を買い続けるのである」

いつの時代も自己啓発書が人気の理由は、買うことや読むことで、目の前の悩みや気持ちが少し楽になるからなのでしょう。

たしかにあれほど似通った内容の自己啓発本やビジネス書が、書店に繰り返し並ぶのは、同じ人が繰り返し買っていることも考えられます。

実際、私の知り合いにも自己啓発マニアのような人がいて、自己啓発に関する書籍やセミナーに熱心な人もいます。

自己研鑽よりも決断が大事

もちろん、この行動が間違っているわけではありません。 仕事で一番大事な要素は『決める』ということです。

これだけ見ると簡単な要素のようですが、この『決める』という作業、容易ではありませんね。

なぜなら、時にこの決定は、お客様だけではなく、 従業員に、多くの人たちに影響を与える可能性があるからです。

自己啓発書だけでは、人生や仕事の悩みが 解決しないことが多いのは確かだと思います。

なぜなら、具体的な行動に関しては、最終的には、 自分自身で何をやるか決めて、行動、実践していかなければならないからです。

決断から繋がる方法、方法から行動に繋がる

起業するにしても、投資をするにしても、出世を目指すにしても、 いずれも何をするのか、そしてそれをどのような方法でやるのか。

こういったことについては、自分で考えて行動に移すしかないのです。 自己啓発書は、行動を起こすためのヒントにはなりえます。

例えば、起業を目指すのだとしたら、起業に必要な考え方や心構えを 学ぶのは、必要最低限のことだと思います。 ここまでは、本で学べるのかもしれません。

しかし、そこまで辿り着くための具体的な行動方法、道筋に関しては、 自己啓発書では、触れていないことがほとんどです。

ですので、実際には、行動や実践が伴ってくると、自己啓発書は、段々と不要になるものなのかもしれません。

自己啓発書やセミナーでやる気を出したら、次は、行動に移さねばならない。

具体的な行動なしでこういったループを繰り返すのは、お金と時間の無駄に思えます。

これらは、仕事だけではなく、ダイエット、恋愛など何でも当てはまります。

要は、自分が何をやるか、それをどのような方法でやるか、という行動の実践という点に関しては、自分で決めるしかないということです。

そこまでの面倒は、自己啓発本は見てくれません。 一気には無理でも、少しずつ少しずつ。 この行動の比重を上げていくことが大切です。 何をすべきかは、実は、もう見えていることが多いのです。

店舗経営コンサルタント富田英太の「店舗経営ビジネス塾」

初月無料!

先着30名様まで、5000円/月を3000円/月で入会可能です。

さらに、無料で毎月の店舗経営ビジネス勉強会にご招待!次回は、4月13日大阪での開催を決定しました!(過去の勉強会の動画も視聴できます)

もちろん、場所や日時の都合で、ご参加いただけない方には、 動画で視聴していただき、また質問などは、このビジネス塾内でお答えしていきたいと思います。

第2回目は、LINE@の第一人者である講師をお呼びし、繁盛店になるためのLINE@集客術をテーマに開催したいと思います。

詳細はこちら!繁盛店になるためのLINE@集客術

(今回は、塾生以外の一般参加も可能です)

富田英太_fbカバー画像本番

この塾の詳細については!→ 富田英太の「店舗経営ビジネス塾」

皆様のご参加をおましております。


2015/04/04

自己啓発