考えるという行為は、人間にとってとてもストレスフルですね。ついつい体を動かす方に逃げてしまいます。普段、私は、よく行動する前に考えることが大事という話をしています。 人間は、何か行動をしているときは、それだけで安心してしまう傾向があります。

考えることをやめてはいけない

実際、

  • 今その行動を行う事がベストなのかどうか?
  • その行動が招く成果が、どのようなものになるのか?
  • 成果を得る為に、どれくらいの時間があるのか?
  • もっと他の手段が、ないかどうか?

これらの疑問は、行動を始めてしまうと、見えにくくなってしまいます。 赤字店舗の経営者が、やみくもに行動を起こし、 それでも、成果が出ない。

ここまでやったのだから仕方ない。

と。 しかしながら、私は、行動を起こす前に焦る心を抑えて、しっかりと、情報を集め、考え、その上で行動を起こすことで、 得られる成果を最大化することができると考えています。

思考だけでもいけない

とくに、赤字店舗が、黒字化するためには、 短期間でかなりの成果を上げる必要があります。 しっかり考えて、行動を起こさないと、なかなか黒字化まで持ち込めません。

とまぁこういった、お話をすると「思考」の重要性ばかりが際立ちます。

実際、私の著書「お金をかけずに繁盛店に変える本」も、ほぼ全て、この「思考」に関わる情報の提供を心がけました。

しかしながら、私はもうひとつ、繁盛店に変えるための真実を知っています。 それは、成功するために、必要な法則です。

やはり行動がすべてだ

理想と現実のギャップ(課題)は、「行動」でしか縮まることはありません。「思考」でこのギャップは、絶対に縮まりません。 100年考えていても、課題は解決しません。

すなわち、「思考」を徹底的に行ったあとは、 「行動」を大量に起こす必要があります。 そして、行動が、習慣化されたとき、成果が現れます。

しかもこの「行動」は、量が質に転換するまでには、 ひとつの目標に対して、同時、何個もの行動を起こす必要があります。

行動するだけはなく、大量に行動しないといけない

そして、それを継続してやらなければなりません。一時的に、考える余裕はなくなるでしょう。 それでも、徹底的に「大量行動」を起こすのです。

そして、それらが、検証・改善により、絞られ質に変わり、 習慣化されて、初めて、赤字店舗は黒字に。 黒字店舗は、繁盛店に生まれ変わることができるのです。

私は、多くの経験上から、この事に気付かせていただきました。 私の仕事は、 経営者の思考、意思決定のサポート。 及び、行動の継続を促進することにあります。

コンサルタントの仕事

私は、当初、コンサルタントという職種から学び経験し始め、コーチングを学び、現在では、カウンセリングも学んでいます。

経営者との経営ミーティングの中で、

  • コンサルティング(ノウハウ、情報提供、方向性を指し示す)
  • コーチング(思考を引き出し、行動を習慣化させる)
  • カウンセリング(経営者の心の葛藤、及びそれに伴う現実課題の解消)

を、常に実践しています。 毎月実施させていただいている、 “繁盛店化12ステップの「黒字会」”マンスリー個人ミーティング

この3つのスキル(コンサルティング・コーチング・カウンセリング)を、 存分に発揮し、課題解決、そして、 売上増大のための、施策・ノウハウ及び、行動の継続を、 徹底的に行っていきたいと思います。

あくまで私達は裏方ですね

結局、私たちの仕事は、経営者の心のビジョンを浮き彫りにして、それを叶えるために必要な施策を立案して、あとは、経営者のお尻を叩きに叩いて、行動継続していただいて、 結果、経営者のビジョンを、経営者自身の手で手に入れていただく。

私達コンサルタントは、あくまで裏方です。経営者の現実を変えていくための、起爆剤としてこれからも頑張りたいと思います。

店舗経営コンサルタント富田英太の「店舗経営ビジネス塾」

初月無料!

先着30名様まで、5000円/月を3000円/月で入会可能です。

さらに、無料で毎月の店舗経営ビジネス勉強会にご招待!次回は、4月13日大阪での開催を決定しました!(過去の勉強会の動画も視聴できます)

もちろん、場所や日時の都合で、ご参加いただけない方には、 動画で視聴していただき、また質問などは、このビジネス塾内でお答えしていきたいと思います。

第2回目は、LINE@の第一人者である講師をお呼びし、繁盛店になるためのLINE@集客術をテーマに開催したいと思います。

詳細はこちら!繁盛店になるためのLINE@集客術

(今回は、塾生以外の一般参加も可能です)

富田英太_fbカバー画像本番

この塾の詳細については!→ 富田英太の「店舗経営ビジネス塾」

皆様のご参加をおましております。


2015/04/03

ひとりごと